クレジットカードの利用に際して

サイン不要のクレジットカード

クレジットカードを利用していて、特に最近思うのですが、利用時にサインが不要になってきているという印象を受けませんか?

 

つい最近までクレジットカードといえばサインをするものという印象があったので、特に海外で使用する場合は、外国人に真似されにくいように、サインは漢字で行うというのが一般的だったのですが、こと、日本国内に限ってはサイン不要になりつつあります。

 

その代わり、暗証番号を入力して本人確認を行うようになってきていますね。

 

ご自身のクレジットカードをご覧頂くとICチップが埋め込まれていると思いますが、このタイプのクレジットカードであれば、最近ではサインは不要になりつつあるようです。

 

ただ、暗証番号方式になったからといって完璧に安全というわけでもありませんので、利用の際には暗証番号を盗まれないように注意する必要があります。

 

また、支払いの方も、クレジットカード会社によって異なりますが、現在のところ2ヶ月位経って指定口座から引き落とされるケースが多いように思いますが、これからはその期間がだんだん縮まって行くのではないでしょうか。既に欧米では短期間で口座からの引き落としが実施されるようになってきています。
日本でもクレジットカードを使用してから指定口座からの引き落とし迄の期間が、徐々に短縮されていく方向になっていくようです。

 

このように、日本でもクレジットカードの利用が進み大変便利になってきていますが、まだまだ完璧であるとは言えません。
トラブルを防ぐためにも利用する際には慎重に、そして利用は計画的にを頭に入れて、楽しいお買い物を心がけましょう。

 

裁判所を活用した債務整理